人見知り営業女子が実践!初回訪問で次回アポに繋げる4つのコツ

営業

営業職はいかに次回のアポイントに繋げるかがカギ!

1回目のアポイントは『あいさつ』という理由付けで会うことができてもなかなか2回目に繋がらない・・・。

アポイントの電話がしにくい・・・という悩みは営業初心者あるあるです。

いかにスムーズに次回の面談に繋げるか。

また、どうやって次回のアポイントでウェルカムな状態を作るのか。

それはコツを掴んでしまえば難しいことではないんです。

初回のアポイントでほんの少し工夫すれば、次回以降がスムーズになります。

人見知り営業女子が試行錯誤のうえ身に付けた、ちょっとした工夫をご紹介します。

相手の緊張をほぐす

まず1回目のアポイントが取れてホッと一息・・・。

しかしアポが取れた喜びと共に、初回面談の緊張は当日まで続きそわそわしてしまいますよね。

相手はどんな人だろう?
上手くお話ができるだろうか?
会話が途切れて気まずくなったらどうしよう・・・

自分の緊張はもちろんありますが、よく考えれば相手だって初めての人(自分)とお話するわけですから、同じように緊張しています。

どんなに偉い人で、営業トークに慣れた人であっても多少の緊張はあるはず。

初回訪問でいかに「この人とはいい緊張感で話ができるなぁ」と思ってもらえるかというのがポイントになります。

そのためには自分から緊張をほぐしていくのが近道。

実際はチョー緊張していますが『私そんなに緊張していません。楽しいです!』という雰囲気を上手に出すことです。

コツとしては

  • 肩の力を抜く
  • おだやかな優しい目を意識する
  • 口は閉じてニッコリ(マスクをしていても)
  • ゆったり話す

緊張していると出てしまう行動と逆のことを意識して実行します。

すると自然と相手の緊張や気まずさもなくなり、多少の沈黙も耐えられるようになります。

こうして「この人は話がしやすい」という空気を作ります。

次回アポはその場で交渉

緊張感を隠して穏やかにお話をしていると、心も少しずつ開かれて自然とプライベートのお話も抵抗なくできるようになってきます。

  • 休日は何をして楽しんでいるか
  • どんな本よ読むのか
  • 学生時代はなにをしていたのか などなど・・・

(会話が上手く続かないという方はこちらの『【実践】人見知りの営業女子が克服!仕事で会話がはずむ質問5選』の記事を参考にしてみてください。)

緊張感も薄まり、話が盛り上がってきたところで上手に切り上げる準備をします。

私の良く使うワードは、チラッと時計を見て

てぃー
てぃー

あ、すみません!お忙しい中だったのに楽しくてつい1時間もお話ししてしまいました…申し訳ありません!!

(・・・・演技派か!笑)

とってもいいところだけど、あなたの貴重なお時間を思いのほか使ってしまった・・・というお詫びをします。

そしてお話しきれなかった仕事の件と、盛り上がってた仕事以外のお話の続きをまた次回に・・という感じで次回のアポイントをその場で取る。

スムーズにいけば完璧!

そうです、ポイントは次回のアポイントはその場で取ること!!

話足りない!もっと知りたい!という雰囲気をだしつつ交渉です。

帰ってから改めて電話をしてもいいのですが、この楽しい雰囲気の流れで予定を聞いた方が次回の予定を決めてくれる可能性が高いんです。

後でまた電話するのも少し億劫じゃないですか?(私はめちゃくちゃ面倒…笑)

だったら後で・・・と思わずにその場で次回アポイントを取ってしまいましょう。

聞いた話はメモをしておく

営業の基本ですが、相手とお話したことは全てメモをします。

会話中にメモを取るのは少し難易度が高いので、脳内メモ帳に頑張って残し、終わった後に記憶を呼び戻します(笑)

そして名刺の裏に書き書き・・・。

  • 特徴
  • 話した内容
  • 反応が良かったこと
  • 好きなこと
  • 嫌いなこと    などなど・・・

次回はもちろん、今後付き合っていく中でふと思い返すのにとっても役に立つのでこの方法は全力でオススメします。

また、完全に頭にインプットできるまではメモした名刺を持ち歩きます。

てぃー
てぃー

個人情報や自分なりのメモなので人に見せないようにね!

電話の時、またアポイントの前などチラッと簡単に確認してお話するだけで会話がスムーズになります。

話をした内容を覚えてることに感動してくれるのはもちろん、自分がとっても楽になるのでやっておいて損はないです。

初回アポイント後はお礼のメールを入れる

初回のアポイントの後には、どんな結果であれ簡単なメールを必ず入れます。

これも営業の基本の「キ」ですよね。

メールの内容は本当に簡単で大丈夫。

以下の3つの点があれば十分です。

  • 貴重なお時間をさいてもらったお礼
  • 楽しかった、勉強になったという感想
  • 次回のアポの再度確認とあいさつ(次回アポが取れた場合)

ほんのちょっとしたことなのですが、このひと手間がお互いにいい効果をもたらします。

効果としては3つあります。

  1. 自分を再認識してもらえる
  2. 他の人がしないことをして印象付ける
  3. 次回アポの再確認

相手は1日にたくさんの人とお会いしてるはずです。

その中に自分が埋もれてはいけません。

もう一度思い出してもらうためにメールをし、話した内容を簡単に入れるのです。

また、会話の中でいただいたアポイントはノリで返事をしていたり、メモを忘れていたり、間違った日にち曜日に書いてしまったりすることもあります。

メールのお礼と共に次回アポの日程を再度入れることで、大切な2回目のアポを逃さずに済みます。

終わってホッとする気持ちもわかりますが、最後にひと仕事頑張りましょう!

まとめ

初回アポから次回に繋げるコツをご紹介しました。

コツはいろいろありますが、1番大切なのはやっぱり笑顔ですね!

緊張感をときほぐし、お話しやすい雰囲気にするのは笑顔が一番かもしれません。

仕事ですが『仕事!』と思わずに、普通に新しい出会いを楽しむだけ。

会話はポイントを押さえて素直な反応で、そしてそのまま次回の面談に繋げていきましょう。

営業はアポを断られるダメージがトラウマになりがちなので、そのダメージを受けないように自分で工夫することが大切です。

いい意味で、自分がいかにラクに働けるか。

お互いに無駄な時間を作らないようにできるか。

初回訪問時を大切に、ぜひ次回に繋げていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました