女子の戦略的転職!27歳で正社員にこだわった理由

転職


こんにちは!

20代で転職を2回して年収250万円アップさせたワタシです。

新卒時代から雇用形態にはこだわりは無く、とにかく大手企業で働きたいという謎のこだわりがありました。

そんな中、派遣社員だった27歳の時に初めて企業名でなく雇用形態を「正社員」と絞り転職活動スタート

なぜ27歳の当時の私は、急に正社員にこだわりだしたのか。

そして正社員として働いて実際どのような効果を得られたのか。

理由と効果について、体験含めてご紹介したいと思います。

27歳の転職活動で『正社員』にこだわった理由

新卒は契約社員、退職してプーさん、バイトでつないで、派遣社員で復活。

とくに不自由はありませんでした。

収入も働いた分だけ十分に貰えたし、楽しかったし、やりがいもあった。

しかし27歳のある時、改めて自分の年齢を見つめなおし、今後の人生について考えることがあったんです。

こりゃ正社員で働いておいた方がいいのでは?と思い転職活動開始!

自由人が急に思い立って正社員になった理由のお話に少しお付き合いください。

女性のライフプランを真剣に考えた

27歳。

今まで楽しければいい!の人生を送ってきた私も人生について考えるようになりました。

女性として人生が大きく変わる年代に差し掛かかっていることに気づいたのです。

これから想定されること…。

  • 結婚
  • 妊娠出産
  • 職場復帰
  • 子育てしながら仕事

当時彼氏はいませんでしたが、将来のイメージはばっちり。(笑)

これらの環境の変化で、正社員以外の雇用形態ではなんとなく不安要素がありました。

妊娠に体調不良になったら給料減っちゃう?
退職を促されるかれるかも・・・
産休育休ってきちんと取れるの?
復帰できる環境かな?
子供の病気や行事のときは休めるのかな?

もちろん仕事をしっかりやり、職場の人とも上手に付き合っていく事を前提としています。

残念ながらやるべきことをやっても、働きにくくなるのが仕事をする女性の悩みです。

今ではアルバイトやパート、派遣社員でも対応してくれる職場もあります。

しかしなにかあれば、優先は正社員。

状況によって働きにくくなるこれらの雇用形態は不安だと思い正社員に絞って転職活動をしました。

シンプルに会社が求める人材を考えてみた

契約社員、バイト、派遣社員、正社員とすべて経験してきました。

それぞれやりがいはあり、雇用形態より仕事内容の方が大切だと感じています。

月のお給料なんて、派遣社員の時が一番高かったですからね!

正社員が一番いいお給料をもらっているものだと思っていた私は驚きました。

会社の福利厚生、補助などを考えずに生活のため月々のお給料だけを考えれば雇用形態なんて何でもいいんです。

 

しかし。

 

会社側からすると一番お金をかけているのはやはり【正社員】。

福利厚生や補助、教育研修など長い目で戦力となるよう力を注ぐのはやはり正社員なんです。

正社員として会社が求める人ってこんな人

  • 若くて思考に柔軟性がある人材
  • 社会経験があり、即戦力になる人材
  • 吸収力があり対応できる人材

もちろん社会経験が長かったり、専門知識に長けていたほうが即戦力になる業種もあります。

30代の私から見ても、先輩方の仕事は勉強になるしヘッドハンティングなんて年齢関係なくありますからね。

ただ、一般的に企業側が求めるポイントを満たすのは20代後半〜30代前半が多いのではと感じました。

社会経験も多少ありある程度身についている年齢のため、採用後に『社会人としてのマナー』など、新卒では必須項目の研修等も不要。

教育にかける時間とお金の節約ができるからです。

27歳だった私は、今後の人生がいつどうなるかわからなかったので「今がチャンスだ!」と感じ転職に踏み出しました。

出産後の正社員転職の難しさを想定した

20代半ばにさしかかると、周りの友人が結婚や出産など人生の転機を迎え始めました。

早い子は出産を終え、職場復帰する子も。

中には妊娠を機に仕事を辞め、子供の成長のタイミングを見て仕事を探すという友人もいました。

そんな友人たちを見て、出産の大変さや育児と仕事の両立などリアルなママの姿を目にしたんです。

「子供が熱出しちゃって1週間仕事行けなかったの」

そんな声に「1週間も休めるなんて羨ましい~」なんて独身の何も考えていない私は思ってしまいましたが、ママはそりゃもう大変ですよね。

てぃー
てぃー

当時の私、謝れ!!!!

  • 突然の事で休む準備なんてしていない
  • いつまで休むのか見通しがつかない
  • 休んでいる間の仕事が他の人の負担になっているという不安

などなど・・・。

そんな罪悪感に加えて、子供の体調の心配と看病の疲れで精神的にもヘトヘトなんですよ。

と、少し話がずれそうなので戻します。

さてここで問題。

Q:予期せぬ出来事がしょっちゅう起こる小さい子供がいるママさん。
企業側はこの女性を正社員として雇い、重大な任務を任せるでしょうか?

いくら才能があっても、優秀であっても子供の体調は操れません。

やっぱりとは言いたくないのですが、小さい子供がいる女性の転職って簡単ではないと思うんです。

さらに言うとパートとして雇ってくれたとしても『正社員』という雇用形態で採用してくれるところはそう多くない。

2人の子のママになった立場で思うことは、こんな環境でも理解してくれて正社員として採用してくれたら、もうその会社は神様だと思う。(笑)

27歳の当時の私は、周りの友人の姿を見てそんな状況になることを想定し、今『正社員』になっておくべきだと感じました。

結果、「当時の私よ、よくやった!思っていた通りよ。」と言う状況です。

安定した生活水準を経験しておきたかった

思いのまま流れる川のように生きていた独身女子だった私です。

契約社員やバイト、時にはニートになってみたり・・・。

人生経験としてすべてやっておいてよかった事で全く後悔はしていません。

ただ、今後の人生を長ーい目でみたときに『基準』の生活を知っておきたかった。

正社員になり、良くも悪くも変動の無い収入によって、生活がどのように安定するのか。

自分は何にお金をかけて、何を捨てるのか。

決まった収入の中に置かれると必然的に優先順位が決まってくるのです。

というか私の場合は『優先順位が低いもの』がハッキリしたと言ったほうが正しいかもしれません。

そしてそのまま結婚や出産をし、子供のいる生活と変わっていきましたが、この安定した収入の中でどのように生活をしていくかという対応はストレスなくこなすことができています。

てぃー
てぃー

安定の正社員は良い面もあれば悪い面もあるんだけどねぇ~・・・

安定はしていますが、収入アップはそう簡単に見込めないし。

乱高下する収入の中でやりくりしていく主婦のほうがよっぽど対応力はありますが(笑)。

ただ生活の基準として知っておいてよかったと思っています。

30代ワーママになって思うこと

『27歳の私!ありがとう!!』

本当にこの一言。

正社員にこだわり転職活動して、ありがたいことにタイミングよく採用してもらえました。

これで雇用形態制覇!(笑)

雇用形態がすべてではありませんが、人生設計をする中で正社員として転職できたことで不安要素は激減。

そして安心して産休・育休を取得中に子供のいるママとしての働き方などゆっくり見直し考えることができました。

小さな子供と向き合って生きていくうえで、今後どのような生活にしていきたいか・・・ということを毎日考えていた気がします。

ゆっくり考えられたその余裕も『戻るところがあるから』だと思うんです。

産後も収入に余裕がなく、とにかく仕事探さなきゃ!とにかく収入を!という不安やストレスががあるとそうもいきません。

『正社員として戻る席がある』だけで心に余裕が生まれます。

慣れない育児と家事でただでさえストレスの毎日なのに、加えて仕事や家計の事を考えるのはのは大きな負担です。

いかに自分が楽に、落ち着いていられるか。

その点を見越して転職や仕事を探しておくのがベターです!

まとめ

独身時代の女子の転職で正社員にこだわった理由について長々と語ってしまいました。

自分の好きな仕事につくことが心の満足につながるのは間違いない。

しかし女子は環境の変化がとっても大きいです。

転職活動ではそんな変化にも対応できるのか、対応してもらえるのかしっかり見極めることが大切です。

いかにして未来の自分を楽にしてあげられるのか。

そのカギを握っているのは『今』の自分ですね。

何の変化もない、予定のないあなただったとしても女子の転職は波乱万丈!

今のうちに手を打っておきましょう!!

陰ながら全力で応援しています。

タイトルとURLをコピーしました